HOME>イチオシ情報>小さいものであれば導入も運用も簡単に実行できる

所有するふるい機について

工事現場

工事などをすると必ず発生する土砂や廃棄物は、そのままでは処分できないため処理を外部業者に依頼していくことになります。しかし、自社の工場などに振動ふるい機を設置することによって簡単な処理を実行可能となり、廃棄の手間が大幅に簡略化されるのです。その際にはどの程度の振動ふるい機を導入すればいいのかと悩みますが、基本的に人が手動で操作できるシンプルで小型のもので十分といえます。そういったものであれば費用も掛からず、騒音などの問題も生じなくなるためどこの工場や現場であってもすぐに導入可能です。超音波や微生物を用いた土質改良機などもありますが、これらは大型で高価である上に取り扱いが非常に難しいので気を付けましょう。評判のいい振動ふるい機はそれなりに大きめで、しっかりと小石などを振り分けることができるので見た目の結果もわかりやすいです。所有しようとするととにかくしっかりとした設備を求めてしまいがちですが、本当に難しい土質改良は引き続き外部に委託するといいでしょう。

機械の販売業者の行うサービス

工事現場

振動ふるい機を購入する、あるいはレンタルする場合には取引する業者によって設置やメンテナンスなどのサービスが行われています。こういった業者を利用する際にはとにかく安いところを選んでしまいがちですが、そういったところはある程度自力でメンテナンスなどができることを前提としているので注意です。人が二人いれば運べるたらいサイズの振動ふるい機であればそこまでナーバスになることはなく、簡単に購入して設置することができます。そうでない大きさの場合には必ず業者による設置と、定期的なメンテナンスを行っていかなければならないので、そのことはしっかり把握しましょう。サービスをうまく活用することが新規設備の導入には大切なことなので、ホームページなどはしっかりチェックし、わからないところはどんどん聞いていくべきです。

広告募集中