HOME>特集>太陽光発電は国内でも注目されていて、一般の参入も可能です

自然に優しく持続可能なエネルギー

風力発電

国内では、原子力発電所の事故を受けて脱原発や再生可能エネルギーへの関心が大いに高まりました。政府も原子力発電のリスクを認識し、原子力発電一辺倒のエネルギー政策を改めるようになったのです。そこで注目されるようになったのが、再生可能エネルギーシステムでした。環境への負荷が少ないことから持続可能な代替エネルギーとして注目を集めるようになり、次々と新規参入が相次いでいて、今では看過することができないエネルギーとなっています。

太陽光発電は一般人も参入可能

風力発電

太陽光発電は再生可能エネルギーシステムの代表格であり、すでに電力発電所の買取制度が構築されています。一般家庭で発電した電力の余剰分を電力発電所へ売電することで利益を得ることができるエネルギーシステムが構築されて注目を集めています。このような再生可能エネルギーシステムは、環境先進国であるドイツの制度から多くを学び、国内への導入に繋がりました。原子力発電所の事故を受けて、国際的なムーブメントとしての脱原発が推進され、太陽光発電や風力発電と言った自然エネルギー発電に注目が集まるようになったのです。次世代の新しいエネルギーシステムは、環境にとても優しいのが特徴です。

広告募集中