大量の洗濯物を一度に処理したいときに

洗濯機

毎日着る衣服を常にきれいな状態で維持するのに必要なのが、水と洗剤を入れてドラムが回転することで洗浄してくれる洗濯機です。そんな洗濯機は日常生活に欠かせないものですが、近年その洗濯機には家庭用と業務用の2つあります。家庭用と業務用の明確な違いは、一度に洗える量に違いがあります。家庭用だと平均的な住宅の一室の一角に備え付けることを目的にしているので、小型軽量化しており4人家族以上になると3回ぐらいは回さないと選択が終わらないです。しかし業務用洗濯機というのは専門店の一室に備え付けることを目的にしているので、大きさにも多種多様があり4人家族以上の衣類の多さでもドラムがかなり大きいので一度の選択ですべてを処理できます。

業務用は大きいので布団の大きさすら洗える

洗濯機の中

業務用洗濯機は大きさに多種多様な大きさがあるといいましたが、その一番の恩恵といえるのが布団の大きさでも洗えることです。布団は毎日使うため寝汗や皮脂汚れなどがついていますが、家庭用では大きさに制限があるため洗うことができないです。そのため布団は基本的に天日干しや掃除機で吸い取るしかきれいにする手段しかなく、本来であれば洗浄してきれいにする方が安心感があります。しかし家庭用ではできないため布団を洗浄したいのであれば、クリーニング店に出すしかないです。しかし業務用洗濯機の大きめの物を選べば、自宅でも大きな布団を洗うことができるので、きれいな状態で布団を使えます。

洗浄力を発揮する熱湯が使える

洗濯機

家庭用と業務用洗濯機は大きさだけでなく、クリーニング店から還ってきた衣服がきれいなのは家庭用にはできないことができることです。その家庭用ではできないことの一つが、洗濯をする際にドラムに特殊な加工をすることで50度以上の熱湯で洗えることです。50度以上の熱湯になると洗剤がしっかり溶けるので洗剤残りが起きないだけでなく、熱湯による湯気が洗剤の泡立ちをきめ細かくするので衣服の奥底にまで行き届くので汚れ落ちが良くなるのです。

強力な乾燥で臭いを消せる

洗濯機

ドラムに特殊な加工をすることで50度以上の熱湯で洗えるのがメリットといいましたが、この業務用洗濯機に施された加工がもうひとつの恩恵を生み出しています。それは洗った後の乾燥において、衣服が傷まないぎりぎりの高い温度の熱風で乾燥することです。衣服を洗った後の悩みとして多いのが、着用しようとしたときに臭いがついてしまうことがあります。これは衣服に引っ付いている皮脂や汗の成分を媒介して、人肌や空気中の雑菌が繁殖することで臭いを発しているのが理由になるのです。これを無くすためには洗うだけでなくしっかりと乾燥させることが重要なのですが、家庭用では繁殖した細菌や雑菌に対して温度が足りず衣服に残ってしまいます。その点業務用では高温の熱風で乾燥するので、雑菌が死滅する温度に達し臭いの問題をクリアできるのです。

広告募集中